娯楽マニア

有益な娯楽情報を紹介していきます

サイリウム・ペンライト ライブ

ライブでサイリウムを使う中で、守る必要があるルールなどを紹介

投稿日:2017年4月27日 更新日:


ライブを最高に盛り上げる、ファンと出演者が一体になって楽しめるアイテム「サイリウム」を紹介します。アイドルのライブ、声優さんのライブの印象が強いサイリウムです。

会場の暗闇の中で、赤色、青色、ピンク色などの統一された色は、会場の参加者を大いに盛り上げる演出効果があります。グループで出演している歌手の場は、メンバーによって「サイリウムの色」が異なる場合もあります。

出演者によっては、サイリウムは禁止となっているライブもあるので注意をしてくださいね。初めて参加するライブの場合は、そのライブの出演者は「サイリウムがOK」なのか事前に調べる事が大切ですね。

スポンサーリンク

ライブでサイリウム何本あれば大丈夫?

さて、気になるのがライブ中にサイリウムは、何本あれば大丈夫なんでしょうか?これは、参加者のサイリウムの使い方によって、必要な本数が変化します。

使用時は、片手に1本だけ使う場合や、両手に1本ずつ持って2本単位で消費する人。指と指の間にサイリウムを挟んで一度に3本~8本など消費する方などがいる為です。

サイリウムの種類には、短時間と、長時間の発光するタイプがあります。短時間タイプは4、5分程度の超短時間に、強い発光を放つタイプ。強力な発光では無いが、1、2時間は発光し続けるタイプの長時間タイプです。

全て、短時間タイプのサイリウムで、持参する場合は少なくとも、ライブで歌われるセットリスト分の曲と同じくらいの「サイリウムの本数」が必要ですね。長時間タイプだけにの「サイリウム」を持参する場合は、予備の分も含めて2、3本もあれば大丈夫だと思います。

ライブでサイリウムの色は何がいいの?

これもライブによって、サイリウムの色がバラバラです。ライブの出演者のイメージカラーが、決まっています。ライブの公式グッズの中に「サイリウム」がある場合は、公式グッズを購入するか、同じ色の「サイリウム」を持参すると安心して使う事ができます。

また、ライブ中は、ずっと同じ色のサイリウムを使用していても、問題は無いですが。歌われる曲によって「サイリウムの色」を使い分けているライブもあります。

この場合は、絶対に色を変更しないといけない決まりがありませんが、参加者のほとんどが色を使い分けています。周囲の参加者と同じ色にする事で、一体感を得る事ができますが、強制ではありませんので、最後はあなた自身の判断で決めてもらっても大丈夫です。

サイリウムは単色の発光タイプですが、1本で複数の色を使い分ける事ができる電池式のペンライトがあります。何色も色を使い分ける曲が多いライブでは、後者の電池式のタイプのペンライトを使っている人が割合が多い。

ライブでサイリウムに使う価格はいくら

電池式タイプ以外のサイリウムは全て、使い捨てのタイプなので1本の値段が、約100~300円程度で入手する事ができます。お店によっては値段も違います。ネット通販でも取り扱っているので、比較的に安価で入手する事ができます。

今回だけの1回限りのライブに参加する方は、使い捨てのサイリウムの方がお得だと思います。

ライブの公式グッズの中に「サイリウム」も売られていますが、1本が1000円ぐらいの値段がする事、グッズ販売の長蛇の列に参加しないと入手できません。ライブグッスのサイリウムだけを入手する為だけに、物販に参加するよりは、持参する方を推奨します。

これからも、ライブに参加していきたいと思う人には、複数色に対応できる電池式のペンライトをオススメします。電池式タイプは、使い捨てのサイリウムよりも値段が、10倍ぐらいの差があります。

しかし、長期的な面で考えると、かなりお買い得なアイテムです。電池交換をするだけで、何回も繰り返し使えるので、ライブに2、3回参加しただけで使い捨てサイリウムよりも安い「費用」になります。

使い捨ては、ライブ終了後にゴミになってしまいます。ライブ終了後の会場のゴミ箱には、使い捨てのサイリウムで溢れています。ゴミの問題を考えると電池式の方が、環境にも優しいのではないでしょうか。

また、複数色に対応できる電池式のペンライト1本あれば、ライブ中のどんな曲にも対応できます。正確に言うならば、瞬時に色を変える事ができる為に何度も、ライブに参加している常連のファンにとっては重宝されている、ライブアイテムの1つです。

スポンサーリンク

まとめ

ライブ中に、使用者は非常に盛り上がることのできる「サイリウム」ですが、使い方を間違えると周囲の人間の迷惑をかけてしまう一面も持っています。

例えば、とある出演者のライブでは、サイリウムに規制をかけている所もあります。極端に大きいものや、改造処理をして、非常に強力な発光をするタイプなどは禁止となっています。

これは、サイリウムを使用できるライブでは共通している点です。サイリウムを手元から放したり、投げるのは禁止事項となっています。

サイリウムは、1本の値段も安価で、重さも軽い為に使いやすい。

ペンライトは、電池を使用している為に少し重さがあるが、スイッチの「オン」「オフ」なども使える事、何回も繰り返して使用できる事、複数の色を対応できるメリットなどがあります。

初めてライブに参加する場合は、サイリウムで参加して様子を見ましょう。これからも継続して参加したいと思えるようなら、次回からは「ペンライト」で持参して参加していくのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

-サイリウム・ペンライト, ライブ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライブ座席でアリーナが一番?いつわかるのか紹介していきます

ライブに参加する人が誰もが考える事はなんでしょうか? それは、座席問題ではないでしょうか? ライブに参加するからには、いい座席に座りたいと思うのは当然の事だと思います。今回は、ライブの座席について、紹 …

ライブのアンコール時のお約束、掛け声や時間などを紹介します

ライブの最後を締めくくる「アンコール」について紹介していきます。多くのライブでは、ライブの最後の曲の後に参加者の呼び掛けに応じて、アンコールとして歌を歌ってくれます。 ライブツアーの千秋楽などでは、ア …

ライブで飲み物は重要、代金や持ち込みできない情報を紹介します

ライブで、盛り上がるほど汗をかく為に、のどが渇きます。冷房管理されている会場でも汗をかきます。その為に、ライブ会場には飲み物は必要なアイテムです。飲み物があるだけで、全然違います。 スポンサーリンク …

ライブチケット売るのは、違法ですが余ったチケットを活用する方法

一人でも、仲の良い友達や仲間と一緒に参加するのも楽しいライブ。しかし、もともと一人で参加する場合は問題ないです。連れと一緒に参加する予定のライブの場合では、こんな事があります。チケットを予約した段階で …

ライブチケット取り方で、失敗しない正しい受け取り方を紹介

本格的な夏の時期になってきました。この時期には、様々なジャンルの音楽のライブが毎週、全国の何処かで開催されている時期になります。好きな歌手の生の声を、生演奏で聴く事ができます。CD音源とは違うライブ音 …