娯楽マニア

有益な娯楽情報を紹介していきます

ライブ ライブ情報

ライブ終了後の翌日にある筋肉痛、腕の痛みを予防するポイント

投稿日:2017年5月12日 更新日:


ライブは、普段のストレスを発散できる上に、非常に楽しい時間です。大声で叫んだり、手を振ったりするなど最高の時間を過ごします。
その日は、テンションが高い事や、興奮が完全に冷め切っていない為に、体の痛みは感じません。

しかし、翌日に起床すると同時に、体の全身が筋肉痛で苦しむ事はないでしょうか?

スポンサーリンク

ライブの翌日に起こる筋肉痛

普段の日常生活の中で、あまり使っていない筋肉を過度に動かした為に、筋肉痛が原因で起こります。運動する生活習慣のない方や、仕事で体をあまり動かさない方の場合は、特にライブ明けの翌日は筋肉痛を経験しているのではないでしょうか?

学生の時は、学校の授業などの為に、習慣的に体を動かしていた思います。しかし、社会人になってからは自主的に、運動をする機会がないと運動とは無縁の生活を過ごしていきますね。

毎週、ライブが開催される訳でもありません。ライブの為に、普段の生活の中で運動する習慣を実行している人は少ないと思います。ダイエットや、健康管理の為にスポーツジムなどで、汗を流す人も最近では増えてきているようですが。初めてライブに参加した人でも、毎回ライブに参加している人の常連のファンでも油断していると翌日に起こる筋肉る筋肉痛。

ライブの筋肉痛は腕にくるのはお約束?

ライブの翌日に起こる筋肉痛で、最も多いのは「腕」の筋肉痛ではないでしょうか?

全身を使ってのジャンプ以外にも、頭上で振る「サイリウム、ペンライト、フラッグ、うちわ」などの応援アイテムを使用。ライブ中に、メインの応援方法は、大きな声での声援と、手を振っての応援が主な行動になっている為です。

ジョギングなどで、走り込みをして普段から「持久力を向上」させている人でも「腕」の筋肉痛は避けられない物ではないでしょうか。

ライブを楽しむ時は、個人差もあります。常に全力全快でライブを楽しむタイプの方や、ある程度自分の体調の事を自己分析、ペース配分を考えて明日の事を意識して参加するタイプ。

自分の好きな曲だけを全力で応援して、他の曲は静かに観ているタイプの人など。

例外として、ライブ中は、静かに座ってライブ参加する人の場合は、ライブ後の筋肉痛とは無縁ですね。

個人的には、お金を払ってライブに参加しているので、ライブの開演時間は、体力の限界を超えるくらいの全力で参加して、気持ちが完全燃焼するくらいの意気込みを持って参加したいですね。その方がライブを盛り上がりませんか?

ライブに参加している半数以上の人は声を出して、腕を振って好きなアーティストを応援しています。それもそのはず、ライブ会場に参加する程のファンが集まっている訳ですから納得できます。

スポンサーリンク

ライブで筋肉痛を予防する為のポイント

一番の理想は、普段の生活の中で運動する習慣を身につけておけば、ライブ後の筋肉痛とは防げる可能性は高い。
普段、運動をする習慣のない人の場合は諦めるしかないのでしょうか?それでは、可能な限り、筋肉痛を予防できる方法を紹介します。

実行するからには、やはりお手軽でお金や、時間をかけたくない方法が思いませんか?

お金を使うなら、筋肉痛の予防よりも、そのお金をグッズの購入費に使用したいですね。

私のオススメの方法は、ライブ会場の入場から開演時間までに少し時間がある場合は、座席で軽いストレッチなどの準備を行う事です。

学校の授業でも体育の時間では、運動をする前に準備運動・ストレッチをして、体の緊張を解していませんでした。運動を終えた後もストレッチをしてアフターケアをしていました。それと同じで、ライブの前後に、ストレッチをする事でライブ後の筋肉痛の緩和になります。

ライブ当日は、まだ興奮状態の為に、疲労感はあるが、筋肉痛に対して感覚をさほど気になりませんので、油断してアフターケアを忘れがちです。

ストレッチをする時は、入浴時にセットでする事をオススメです。全身の血の流れをよくする為に「シャワー」だけですませないで
お湯に浸かって、疲労回復を促進させる。入浴後は、直ぐに寝る事も大切です。

ライブ終了日のその夜は、まだテンションが高い為、なかなか寝付けない場合。疲れが溜まって、眠たくて仕方がないの2つのどちらかと思います。

睡眠は疲労回復の効果があります。寝付けなくてもベットに入って横になっているだけでも、自然と寝付ける事があります。眠たくなるまで、スマホを操作していると、睡眠不足になって翌日の体調に悪影響を出します。

疲労の為に、今すぐにでも寝たい方でも、きちんと入浴&ストレッチをしてから寝るように頑張ってください。筋肉痛を少しでも緩和になります。

まとめ

ライブは非常に楽しいものです。全力でその時間を、完全燃焼できるくらい楽しむ事も方が良い思い出になります。楽しい反面、ライブ開演時は盛り上がっているために、気が付きにくいですが、体力をかなり消費します。全身筋肉痛になっても後悔をしません、逆に不完全燃焼で満足に楽しめなった方が悔しい気分になります。

全力で参加するからには、体のケアをして少しでも、筋肉痛を和らげていきたいですね。

スポンサーリンク

-ライブ, ライブ情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライブ物販で知っていて損はない、買い方はクレジットカード?

ライブ会場で、グッズを買う時には、皆さんは「現金派」「クレジットカード派」のどちらですか?ライブ会場の物販でもコンビニ、スーパーなどと同じく、ある程度の有名なクレジットカードは使えます。 チケットが無 …

ライブ友達ができるのは嬉しい。作り方のポイントを紹介します

普段の生活の友達とは違う、共通の趣味を持った友人が増えるのは嬉しいですね。趣味の合う友達は、お互いにあまり気を使わずに楽に関われますね。 ライブに参加する程の強い行動力の人間、お互いに共感できる趣味の …

ライブ会場で禁止されている行為、事項のポイントを紹介します

ライブに楽しんで参加する上で、守らないといけない禁止されている内容などを紹介していきます。ライブは楽しい時間です。普段の生活とは、非日常の時間を楽しめます。自分の好きなアーティストの歌声を生演奏で、聞 …

ライブでサイリウムを使う中で、守る必要があるルールなどを紹介

ライブを最高に盛り上げる、ファンと出演者が一体になって楽しめるアイテム「サイリウム」を紹介します。アイドルのライブ、声優さんのライブの印象が強いサイリウムです。 会場の暗闇の中で、赤色、青色、ピンク色 …

ライブのアンコール時のお約束、掛け声や時間などを紹介します

ライブの最後を締めくくる「アンコール」について紹介していきます。多くのライブでは、ライブの最後の曲の後に参加者の呼び掛けに応じて、アンコールとして歌を歌ってくれます。 ライブツアーの千秋楽などでは、ア …