娯楽マニア

有益な娯楽情報を紹介していきます

ライブ ライブ情報

ライブ座席でアリーナが一番?いつわかるのか紹介していきます

投稿日:2017年5月18日 更新日:


ライブに参加する人が誰もが考える事はなんでしょうか?
それは、座席問題ではないでしょうか?
ライブに参加するからには、いい座席に座りたいと思うのは当然の事だと思います。今回は、ライブの座席について、紹介していきます。

スポンサーリンク

ライブの座席の種類とは?

良く耳にするのが「アリーナ席」と「スタンド席」の2種類ではないでしょうか?この2つの座席のどちらの方が良いのでしょうか。アリーナ席の説明をします。アリーナ席は、もともと会場に設置されている席ではなく、ライブの他に臨時追加された座席の事です。

その為に、アリーナ席は、パイプ椅子です。座り心地などは最低限のレベルです。横の座席との間隔も狭く人口密度も高いのが特徴です。

座席が設置されている場所は、ライブ会場の中央のフィールド部分となっています。前方の座席と、後方の座席の高低差はありません。後方になる程、前方にいる観客の影響でステージを見るのが難しいですね。その逆に、前方席であるとステージ上にいるアーティストの距離感が近いのが、最大の特徴ですね。

スタンドの席は、もともと会場に設置されている座席を設置されている。座席を使われる為に、アリーナ席のパイプ椅子と比較すると座り心地も良い。高低差の面は、前方から後方座席へ階段状の設置されている為に、視界的な問題はないです。ステージを上方から眺める感じで、会場全体を見る事ができます。

ライブの座席でアリーナ席はどうなの?

スタンド席と、アリーナ席ではどちらの方が人気あるのでしょうか?スタンド席も、アリーナ席も値段的には、同じ価格でありながら一般的には、アリーナ席の方が人気があるようです。その証拠にチケットを転売や、オークションで出品されているチケットの中でも、アリーナ席は高い値段で取り引きをされているのを見かける事ができます。

アリーナ席が参加者にとって人気のある理由は何でしょうか?アリーナ席の前方になる程、アーティストの距離が近くなりますが、それはアリーナ席全体の中でも、ごく少数の限られた座席のみです。

では、最大の魅力は何でしょうか?前方や後方の座席に関係なく、アリーナ席の共通の楽しめる面は、アリーナ席に座った人間しか解からない空気ではないでしょうか?

「DVD」や「Blu-ray」などの映像作品でも見ているだけでは、伝わらない会場の熱気を感じる事ができます。アーティストの目線と近い内容で楽しめます。

スタンド席の場合だと「アーティスト」を上から眺めるようなに観ます。アリーナ席の場合だと、下から眺めるが スタンド席よりも比較的に近い感じます。

ライブ会場やライブのセット構成によって差がありますが、アリーナ席の中央までに「花道」が設置されている場合もあります。アリーナ前方席に座れなかった参加者でも、花道付近でもアーティスト達との近い距離で参加できます。

花道は会場によって異なりますが、アリーナ席の中央付近まで設置されています。花道付近に座る参加者にとって、最高の瞬間ですね。アーティストとの近い距離感と、ライブ会場の空気をより感じる事ができるのがアリーナ席の特権だと思います。

スポンサーリンク

ライブの座席はいつわかるの?

さて、ライブが開催される事が発表されて、ファンクラブ先行や、先行チケットを申し込んだ後に思う事は、この2つです。

「アリーナ席などの良い座席である事」、「いつ頃に、座席が判明するのか」です。

一般販売で購入すると、チケットを購入した段階で、チケットを発券できるので座席もすぐに、判明します。ただ、一般販売で購入する場合は、ほとんどの座席はスタンド席の可能性が高い。

アリーナ席を購入したい人は、アーティストのファンクラブ先行や、チケット販売の先行チケットを狙っています。この場合は、先行先着よりも「抽選販売」の場合が多いので、チケット発券や、発券チケットが郵送されるまで座席が判明しない楽しみがあります。

いつ頃に座席が判明するのか、ファンクラブの先行チケットの場合は、ライブ開催の約1ヶ月前から、2週間前までには郵送されます。コンビニなどで、自分で発券手続きをしないといけない先行チケットの場合だと、約1ヶ月前から発券開始できます。

良い座席である可能性が高い一方で、チケットを手に入れるまで一番遅くかかるのがチケットですね。

まとめ

ライブのチケットで人気があるのは、アリーナ席です。しかし、スタンド席と比較すると座り心地は、良いとは言えません。また、チケットが判明してもスタンド席と比較しても、アリーナ席は、座席の場所がはっきりとしないのが難点です。

スタンド席の場合は、ネットで座席が直ぐに判明する事ができます。アリーナ席は、臨時の追加席なので、ネットでも具体的な場所を特定するのが困難です。「列」で「縦の位置」が解かります。「行」の「横の列」が把握できないのが現状です。

大きな会場のアリーナ席の場合は、「座席ブロック」が、追加されるので、幅広い種類のアリーナ席があります。最前列や、花道付近の良い座席がある一方で、アリーナ席でも後方部分ですと、アーティストの距離が遠く物凄く見づらい席もあります。

最終的に、詳しい座席は当日の会場に到着してから判明します。

スポンサーリンク

-ライブ, ライブ情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライブの途中入場や退場や、開演中のトイレの行くマナーを紹介

ライブ当日に、急な用事、仕事や交通状況によってに、開演時間前に会場に入場できなくなった事はありませんか?ライブ会場には、多くの参加者がいます。たった一人の参加者の為に、開演時間を遅らせる事は、まず絶対 …

ライブ物販で知っていて損はない、買い方はクレジットカード?

ライブ会場で、グッズを買う時には、皆さんは「現金派」「クレジットカード派」のどちらですか?ライブ会場の物販でもコンビニ、スーパーなどと同じく、ある程度の有名なクレジットカードは使えます。 チケットが無 …

ライブ参加者の夏の服装、野外で気をつけるマナーなどを紹介

夏の暑い時期を盛り上げるを更に、真夏のライブの季節になりました。夏の時期に気温だけではなく、体感温度などの色々な面まで熱くなる、夏に行われるライブ。 季節に関係なく、自分の好きな歌手が開催されるライブ …

ライブ友達ができるのは嬉しい。作り方のポイントを紹介します

普段の生活の友達とは違う、共通の趣味を持った友人が増えるのは嬉しいですね。趣味の合う友達は、お互いにあまり気を使わずに楽に関われますね。 ライブに参加する程の強い行動力の人間、お互いに共感できる趣味の …

ライブでサイリウムを使う中で、守る必要があるルールなどを紹介

ライブを最高に盛り上げる、ファンと出演者が一体になって楽しめるアイテム「サイリウム」を紹介します。アイドルのライブ、声優さんのライブの印象が強いサイリウムです。 会場の暗闇の中で、赤色、青色、ピンク色 …